ACCS、平成24年度下半期の著作権侵害対策について報告

May 31, 2013

2013.5.22

一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は5月22日、平成24年度下半期の著作権侵害対策支援活動の状況を取りまとめて発表した。

ACCSは、「法の整備と権利行使」「著作権の普及・啓発」「コピー防止技術など技術的保護手段の普及」という3点のバランスを重視し、知的財産権が適切に保護される社会の実現のための活動を展開している。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: