中国における日本コンテンツの著作権侵害、有償ダウンロード換算で3.8兆円に

May 31, 2013

2013.5.28
Internet Watch

文化庁は24日、中国における著作権侵害の実態調査の結果を公表した。調査は文化庁が三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託し、3月19日から25日までインターネット経由で実施したもの。北京・上海・広州・重慶の各都市で1000人、合計4000人から回答を集めた。

それによれば、中国人が1年間に入手・視聴している日本のオンラインコンテンツの数は平均828件。著作権侵害の規模は4都市合計で年間約76億件、金額ベースではネット広告費換算で約19億円、有償ダウンロード換算で約5600億円に上ると推定している。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: