YouTube、著作権管理システムに3つの改良点

October 5, 2012

2012.10.5
CNET Japan

グーグルは10月4日、動画共有サイト「YouTube」で提供している著作権管理システム「コンテンツ ID」の機能を強化したことを発表した。同日には都内で記者説明会が開かれ、ビデオ会議で参加したYouTube プロダクトマネージャーのDavid Rosenstein氏によって、同システムの利用状況や改善点などが説明された。

コンテンツ IDは、YouTubeが2007年より導入している著作権管理システム。コンテンツ権利者がYouTubeのバックエンド上に動画を登録し、同一の動画をユーザーが投稿できないように設定することで該当の動画をブロックできる。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: