YouTubeに違法コンテンツ削除のフィルター機能強化を義務付け

April 24, 2012

2012.4.24
日本経済新聞

ドイツの著作権管理団体であるGEMAは現地時間2012年4月20日、ハンブルクの裁判所が米Google傘下の動画配信サービス「YouTube」に、著作権違反のコンテンツを排除するフィルター機能を強化するよう命じたと発表した。
この命令は、2010年にGEMAなどの音楽著作権管理団体が、12本の動画が著作権を侵害しているとして提起していた訴訟を受けたもの。GEMAの広報担当者は20日に声明を出し、「この訴訟は、Googleなどのオンラインプラットフォーム事業者の法的責任を明確にするものになる」と述べている。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: