大阪地方裁判所、大阪市所在のホームページ企画・制作会社に ソフトウェア著作権侵害の疑いで証拠保全を実施

April 18, 2012

2012.4.11
CNET Japan

ビジネス ソフトウェア アライアンス(本部:米国ワシントンDC、会長:ロバート W. ハリマン II、以下BSA)は、去る3月7日に大阪地方裁判所が大阪市所在のホームページ企画・制作会社(以下A社)に対し、ソフトウェア著作権侵害の疑いがあるとして証拠保全手続きを実施したと発表しました。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: