総務省、WinnyやShareでのコンテンツ不正流通抑止実験

January 25, 2012

2012.1.20
@IT

総務省は1月20日、WinnyやShareといったP2P型ファイル共有ソフトを用いたコンテンツの不正流通を抑止する実証実験を、1月23日から29日にかけて実施することを発表した。著作権侵害コンテンツに見せかけたファイルを流通させることにより、それをダウンロードしたユーザーに直接、注意喚起を行うという試みだ。

【もっと読む】

 

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: