オンライン海賊行為防止法案にインターネットの生みの親たちがダメ出し

December 21, 2011

2011.12.19
Computerworld

DNS、IM、MP3などの違いがわからない米国議員たちがインターネット上での海賊行為を撲滅しようと張り切りすぎると、どんなことが起こるか。それがわかるのが、下院で審議されている「Stop Online Piracy Act」(SOPA:オンライン海賊行為防止法)の法案だ。この厳格な法律は、想定をはるかに超える影響を及ぼし、市民の憲法上の権利を脅かすものだ。こんな法律が可決されてしまうかもしれない。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: