「UltraVioletが本格的に普及するには長い時間がかかる」、パネル会議で米大手スタジオ

October 25, 2011

日経BPNet
2011年10月24日

「(デジタル・コンテンツの著作権保護方式)UltraVioletは長い時間をかけて開発された技術である。だが、現在はまだ商用化の初期フェーズに入った段階だ」。2011年10月11日に「Horrible Bosses」と呼ぶ映画を収めたUltraViolet対応のDVD/Blu-rayを発売した米大手スタジオWarner Bros.、Direct to Consumer、Senior Vice President兼Advanced Digital Services、General ManagerのJustin Herz氏は、UltraVioletの現状をこのように指摘した。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: