シリコンバレー101 Netflixが革新的なサービスを維持できなかった理由

October 21, 2011

2011.9.28
Mycom Journal

一般の人に「00年代後半に躍進したシリコンバレー企業は?」というアンケートを採ったら、日本ではFacebookやTwitterがトップを争うだろう。米国では、そこにNetflix(ネットフリックス)が加わると思う。オンラインDVDレンタルとストリーミングの2つの方法で映画・TV番組を提供している。日本国内での認知度は今ひとつだが、米国ではAppleと双璧をなすエンターテインメント・プラットフォーム企業と認められている。IPOを目指すFacebookが今年6月にNetflix CEOのReed Hastings氏を取締役に迎え入れたことにも、同社の米国における影響力が現れている。そのNetflixが今、強烈な逆風に直面している。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: