EU、録音物の権利保護を50年から70年に延長

September 15, 2011

2011.9.15
ITMedia

欧州連合(EU)理事会は9月12日に、音楽録音物に関する演奏者とレコード製作者の権利保護期間を現行の50年から70年に延長する新たなルールを可決した。

「演奏家はたいてい若いころから活動しており、50年の保護では生涯にわたる保護を与えられないことが多い」と理事会は述べている。欧州では、作曲者の著作権保護は死後70年となっており、新ルールでそのギャップが縮まることになる。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: