ISP最大手各社、著作権侵害の取り締まりで合意.

July 26, 2011

Greg Sandoval (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一 2011/07/08 13:05

Comcast、Cablevision Systems、Verizon Communications、Time Warner Cableなど最大手のインターネットサービスプロバイダー(ISP)数社が、著作権保有者の権利保護に向けた取り組みを強化することで正式に合意した。この動きは6月に米CNETが最初に報じたものだ。

「映画、テレビ、音楽、ISPの業界リーダーが今日、『Copyright Alerts』の共通の枠組みに関して画期的な合意を発表した」と、関係者は米国時間7月7日の声明で述べた。Copyright Alertsは「インターネットサービスのアカウントがオンラインコンテンツの盗用に悪用されている可能性がある場合、インターネット契約者に対して啓発や通知を行う。この画期的な自発的協力のシステムがインターネットアカウントでのコンテンツの盗用について契約者を啓発することは、消費者にとっても著作権保有者にとっても有益だ」という。

もっと読む

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: