FSF欧州とgpl-violationのWelte氏、ドイツ企業のファームウェア改変禁止はGPL違反とコメント

July 26, 2011

SourceForge.jp

非営利団体Free Software Foundation Europe(FSFE)は6月20日(ドイツ時間)、ドイツ企業間のGPL訴訟に関する意見書を発表した。Linuxを含むファームウェアの改変を禁じるDSLルーター企業側の行為に対し、「フリーソフトウェアの主義への攻撃」と主張している。

この訴訟は、ドイツのDSLルーター企業AVM Computersysteme Vertriebs(AVM)が子ども用フィルタリングソフトウェアベンダー独Cybitsを相手取って起こしたもの。AVMは、Cybitsが自社ルーターのファームウェアの一部を改変することは著作権侵害にあたるとして、2010年1月にCybitsを提訴、主張が認められた。

もっと読む

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: