米国映画協会、ストリーミングサービス業者を告訴 著作権法侵害の訴え

June 7, 2011

シネマトゥデイ映画ニュース(2011.4.5)

米国映画協会(MPAA)が、著作権法侵害でストリーミングサービスZedivaを告訴したことを明らかにしている。同サービスではスタジオの許可を得ることなく映画作品の配信を行っており、MPAAが映画スタジオを代表して、今回の告訴に踏み切った形だ。

【もっと読む】

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: