「Baidu(バイドゥ)ライブラリ」海賊版問題

June 7, 2011

日本書籍出版協会などが「責任ある対応」を要求

Yomiuri Online(2011.3.3)

日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本電子書籍出版社協会、デジタルコミック協議会の4団体は2011年2月28日、バイドゥの文書共有/検索サービス「Baidu ライブラリ」で「明白な著作権侵害行為が横行している」(4団体)と指摘し、バイドゥに「責任ある対応」(同)を求めた。

4団体によると、Baidu ライブラリの「文学・小説・書籍」カテゴリーには、漫画やコミック、小説といった作品の違法複製データがアップロードされている。著者や出版社は違法データを見つける都度バイドゥに削除を要請してきたが、いたちごっこが続いているという。4団体は、バイドゥに重大な責任があるとし、海賊版に関する情報の開示と防止策の構築を要求した。

なお、Baidu ライブラリではデータのアップロード者に利用ポイントを付与するなどして投稿を促す一方、著作権侵害に対する実効性のある警告などを行っていないという。

共有する/ブックマークする

Leave a Comment

Previous post:

Next post: